QLOOKアクセス解析

「ゼノブレイド 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼノブレイドやってみるよ その18

クリア後から何時間遊んだのだろうか・・・。

99:59で止まってしまったプレイ時間がムナシイ。なにゆえ、このゲームはプレイ時間がコレでカンストしてしまうのだろうか?w


記事の中身は、クリア後のやりこみをいろいろです。




Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る




続きを読む

ゼノブレイドの感想だよ(ネタバレなし)

おはなしをクリアして、クリア後もちょびっと遊んだので、そろそろ感想でも書こうと思います。

せっかくプレイ日記を書いてきたので、そこから感想を抜粋しながら綴っていきます。やっぱり、プレイしてすぐ書いた感想っていうのは、感じたままを書いていて新鮮でよいものだと思いますし。




①フィールドがスゴイ


「ゼノブレ語るなら一番最初に語らねばなるまい!」っていう感じです。

まず、「とにかく広い」んです。でもこう書くと、ほかのゲームでも「とにかく広い」フィールドはある。

ゼノブレは広いだけじゃない。「探索が超楽しい」のがゼノブレのフィールドだと思います。ほんとに、「ぞんぶんに歩きまわってね」っていう仕掛けが満載。

ランドマーク、秘境っていう探索ポイントがあるので、見つけたときの感動がスゴイ。見つけると経験値が入るからゲーム的にもオイシイ。

広いから迷っちゃうかも?といえば、ちゃんと目的地への矢印やマークがあるし、複雑な構造でもないのでそんなに迷ったりはしないです。「迷うほど複雑じゃない」のと「探索が楽しい」が同居してる。


さて、プレイ日記の抜粋をしながら、俺の感動っぷりをご紹介します(ノ´∀`*)



ただ「うおースゴイ!」と思わせるだけじゃなくて「何だろう行ってみよう!」ができる


遠くの方に、スゴイ景色が見えるゲームはよくあると思います。実際にそこまで歩いて行けるのがゼノブレのスゴイところです。



いいなぁって思ったのは、高低差があって眺めがよくて、しかも飛び降りれることですね


ただの平面じゃなくて、高いところに上ったりできる。そんでもってジャンプで飛び降りたりできる。

あんまり高いと死ぬけど、ソレがまた楽しい。死ぬデメリットはないに等しいのでガンガン飛び降りれます。



こういう雰囲気の違った楽しみを用意してくれているのはほんとにウレシイです


昼と夜、雨、流星、吹雪、などなどと、タイミングによってフィールドの雰囲気がガラーっと変わるのがステキです。

秘境から眺める光景は昼夜や天候の違いで何度も味わえてオイシイです。



(ザコと戦闘中に)高レベルであったり、ユニークであったりに乱入されて大変なことになることがありました


フィールドに、到達レベルに対してめちゃくちゃ強いモンスターが点在していて、イキナリ襲われたりします。で、あっという間に倒されるとw

こういうところがまたフィールド探索のスパイスとなってます。ステキです。




②バトルがスピーディでスリリング


シームレスのバトルなので、FF12みたいなのをイメージしていたんですけど、側面特攻、背面特攻みたいに立ち位置が関係していたり、ヘイト(殴ると上がって、高くなると狙われやすくなる)の関係で、何も考えずただ殴りまくるだけでは勝てないバランスなのがよかったです。

そしてかなりスピーディです。慣れるまでは正直タイヘンでしたが、慣れてしまえばキモチよさに変わりました。戦況がみるみる変わっていくので、ボケーっとしてたらよく死にましたw

バトルのキモはなんといっても未来視です。

「敵の強力な攻撃をあらかじめ知ることができる」っていうシステムで、コレにより攻撃を回避するように対応できるっていうものです。大ダメージで戦闘不能になる未来を視たら防御を展開するなどして防ぐことができるといった風に。

こういうシステムがあるからか、多少敵の攻撃は強めに設定されてますのでバトルにスリルが生まれています。未来視を観た後、未来が訪れるまでになんとかしなきゃ!っていうスリルが、もうたまらんです。

未来視はおはなしにおける設定としても重要なファクターなんですけど、こういうストーリーとリンクしたゲームシステムってステキですよね。



シームレスでサクサク進むテンポの良さはスバラシイ


とにかく戦闘開始、終了とサクサク進むため、ストレスはなし。シームレスのよいところです。メニュー回りでローディングが気になる点はあるものの、フィールド探索とバトルにおいてはサクサクで、広いフィールドを歩き回ることに関してはほんとに快適です。

ただ、ときたま起こる処理落ち。コレがちょっと残念。



(一部のユニーク戦は)無理ゲーじゃないけど、ちょっと気を抜くと死ぬ


ユニークモンスターはストーリー上倒さなければならない敵ではないため強めに設定されたものが多いです。こちらのレベルが低めだと、全滅させてくるほど強いものも。

なので、こいつらとの戦闘はかなりスリリングでした。未来視対応もさらにスリリングでした。楽しい。

仮に全滅しても、瞬時にランドマークに戻されるので、全滅するストレスもほとんどないのがまたよいです。




③おはなしは王道


おはなしはまさに「古きよき」をまっすぐに行く感じでした。スキです王道。

「お約束」をどう盛り上げて演出するか?が注目したいところなんです。そこが満足のいくものでありました。「あぁ、RPG遊んでるなぁ」っていう感じ。


キャラに関しても、戦闘ではたくさんしゃべってくれるので、いろんなやり取りがみれてよいです。こういうのがあると、キャラに愛着がもてますよね。




④クエストとキズナグラム


クエスト。お使い系が多いのでメンドイものも多いですけど、コレをクリアすると住民の人間関係がかわります。

住民の人間関係を図で見ることができて(キズナグラム)、コレがかわっていく様が楽しい。またクエスト中に未来視が発動して、未来へのアプローチ次第では人々の未来がかわっていくのも楽しいです。

ご褒美として便利なアイテムが手に入るのはいいとして、キャラの隠しスキルも手に入るのでモチベーションもなんとかもたせてくれてます。

もちろんメンドイなら全スルーでもよいと。この辺はプレイヤーごとに住み分けをする部分ですな。





現時点で書ける感想はこのくらいです。

というか、ボリュームが尋常ではないため、まだまだ遊び倒せていないのが正直なところなんですよね(ノ´∀`*)


とにかく言える感想は、ものスゴク魅力的なゲームでした!ということです。

プレイ日記のはじめに、2chの方々のコメントを載せましたけど、今は同じ気持ちです。

「RPG好きなら間違いない」し、「Wii持ってるなら絶対やっとけ」と。



Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る






ゼノブレイドやってみるよ その17

ついに!エンディングに到達いたしました!(ノ´∀`*)


クリアタイムは91時間30分でした。クリアにこれだけ時間をかけたRPGは、はじめて。

誤解のないように補足しておくと、ダルいだとか、蛇足だとか、そんな冗長な感じは全くない90時間でした。




Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る




続きを読む
ドラクエ10プレイ中!

ひのぼう(LW240-113)
グレン雪原10690-2

広場はこちら

Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
/address class=!--/not_permanent_area--