QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンクエスト7 エデンの戦士たち のプレイ日記 その4【さらばキーファ】

移民の町もちまちまと攻略中。

今回はPS版とかわって、ストーリーが進行するとすこしずつ移民を増やせるように?なっているんですかね。

すれちがい石版をもらって、ちょっとしたダンジョンに挑戦できるのですが…。うんまあやっぱり使い回しダンジョンでしたね…w

しかしまだまださわりの部分なので、これがどう発展していくのか、すこし楽しみにしています。


つづきはユバール地方まで。





①昼ドラクエスト


グリンフレークの町へ。

ダイアラックのように町人すべてが石化してしまっており、クレマンさんより預かった天使の涙で人々を元に戻すことに。

すると、はちあわせた灰色の雨の元凶、「あめふらし」との戦闘に。

あの恐怖の雨をふらせるだけに、どんな恐ろしい姿なのかと思えば…グラフィックはただのちゅうまじゅう。このギャップは…w

天使の涙が効果を発揮し、町は元通りになるのですが…雨を受けすぎて目を覚まさないペペを治すために、パミラのひやくを取りにいくことに。



IMG_2226.jpg

IMG_2227.jpg


おやぁ…こんな姉妹どこかにいたな…



IMG_2229.jpg


エンゴウのコゲ夫婦に娘が!モブキャラの進展がおもしろい。



ペペが意識を取り戻すと…昼ドラさながらのドロドロ恋愛劇に…!

カヤ⇒イワン⇒リンダ⇔ペペという三角(四角?)関係…。


リンダは借金の都合でイワンの許嫁に。でもほんとうはペペが好き。

イワンは恵まれた環境で育ったゆえか…不幸な身の上の人をほうっておけない性格。リンダにくびったけ。

カヤは幼いころからイワンにぞっこん。

ペペはリンダに気があるものの、リンダや家族の事情ゆえに踏み出すことができない。

うわあ、フクザツ…



IMG_2228.jpg


イワンは思い込みの激しい困った男…w


いよいよリンダも苛立ちとあせりからか、ペペに思い切ってアタックします。

ペペに駆け落ちをもちかけるも、あと一歩が踏み出せないペペはそれを断り…



IMG_2231.jpg


こりゃあ一線を越えてしまったよね…


自分がいなくなればすべて丸く収まると考えたペペは、雨のやまぬうちにひとりグリンフレークを後にするのでした。

リンダもペペもカヤも報われず、イワンもそれでいいのかという決着に…。誰も報われない!

そして誰が悪いのか?といえば、真に悪いのは誰もいないでしょう。運命は残酷ですねえ…



IMG_2234.jpg


現代では、驚いたことにペペとリンダの墓が隣同士に…。

どうしてこんな結果になったのか?PS版から10数年たった今、完全に忘れています…w





②さらばキーファ


グリンフレークの昼ドラを堪能したのちに、ユバールの民のおはなしへ。

キーファはここでライラとユバールの民に出会い、パーティから離脱してしまいます。

その過程がどんなだったのか?あらためて確認しましたが、キーファの胸の内はやっぱりよくわかりませんでした。

ユバールの民とライラに何か、ことばにできないような運命的ななにかを感じたんでしょう…。それはもうビビッと。



IMG_2238.jpg


ライラと結婚するはずだったジャンですが、オキテのためそれは許されませんでした。なんともかわいそうなヤツです…。

しかし自分の非を認め、潔く去って行きました。ストイックでかっこいい男ですね。



IMG_2241.jpg


絶妙なタイミングで「愛する人へ」が流れます。ドラクエ10でも使われてる名曲です。しんみりするわあ…。

毒舌のマリベル、腹ペコのガボというパーティで、王子なのに意外と常識人なキーファに救われていたのにここでお別れとは…。



現代にもどると、キーファのことを王様たちに伝えに行くことに。

リアルにこんな立場にたたされたらたまったもんじゃあないですよね…w



IMG_2243.jpg


ペペもジャンもかわいそうだったけど、オルカもかわいそうなヤツだ…w

ドラクエ7の男子は悲恋の運命をたどるのか…w



IMG_2244.jpg

IMG_2245.jpg


くっそーおまえらー!!

キーファがいないと収集がつかないじゃないか!!



IMG_2247.jpg

IMG_2246.jpg


王様もリーサ姫も痛々しい…!

キーファにしても王様やリーサ姫に何も告げずに別れることに抵抗があったはずだし…それほどの決意をかためるほどのなにかをビビっと感じたんでしょうか…。




関連記事

コメント

No title
 コゲ夫妻に娘出来てたんですねw知りませんでした(ぁ
 ここからどういう経緯で漢料理に変わっていくのか、気になります(何

 キーファの決意の理由は、70%くらいは下心だと思います(何 あいつ結構スケベキャラですしね(蹴

 あとの30%くらいは、生まれて初めて自分の悩みに強く共感してくれる人に出会えたから、だと思っております。
 キーファは、生まれた時から王になる運命にあり、周囲の人間もそのつもりでいたと思います。しかし、キーファは、そのことに納得することが出来なかったと思います。王位継承は、周りから与えられた、悪く言えば押し付けられた運命でしかありませんし、キーファ自身は自分の運命は自分で決めたかったのでしょう。
 とは言え、明確な目的も夢もありませんでしたし、ただ王になるのが嫌だと捉えられても仕方がない状況にあったと思います。それ故に自分の父親はもちろん、他の人達にも理解されなかったんだと思います。つまり、彼の居場所はあるようで、無かったのだと推測できます。
 彼が、度々城を抜け出したり、冒険の旅に憧れたりするのも、城にいても居心地が悪いというのもありますが、自分の生きる意味を見出すためだったとも言えます。
 キーファにとってライラとの出会いは運命的だったと言えます。というのも、彼女もキーファと同じく生まれた時から将来が決まっていたからです。恐らく、キーファが彼女の怪我の看病をしている間、お互いに色々話し合ったんだと思います。そうするうちに、彼女に同情するようになり、また、彼自身も自分のことを理解してくれる人に出会えたことがうれしかったんだと思います。初めて自分を受け入れてくれる居場所を見つけた、そんな感じでしょうか。
 結果、キーファは、生涯をかけてライラを守り抜くことこそが、人生の目的だと信じるようになったのだと思います。自分が求めていたものがようやく手に入ったワケですね。

 このエピソードで哀しい点は、今まで一方的だった王様がようやくキーファのことを理解しかけていた時に彼が離脱してしまったことでしょうか。
 王の胸中は計り知れません。
No title
>>桜の灯籠さん

おお…記事がまるまるかけてしまうようなコメントありがとうございます。

>あとの30%くらいは、生まれて初めて自分の悩みに強く共感してくれる人に出会えたから、だと思っております
僕の想像を書かせていただくと、半分は自分と共鳴する部分が多くて見た目もタイプなライラに惚れ込んだこと、もう半分がユバールの使命にあこがれたから、じゃないかなと考えています。
主人公の特別なところにどうやら気が付いていたらしく(その点かなりすごいヤツです)、何か自分にしかできない大きな使命をほしがっていましたので、ユバールの民に出会ってビビっとくるものがあったのではないかと。
ただ僕がよくわからなかったのは、その決意を固める過程ですね。あまり多くは描かれなかったので、キーファがライラとユバールの民に惹きつけられていく過程はもはや妄想するしかありませんね…w

>このエピソードで哀しい点は、今まで一方的だった王様がようやくキーファのことを理解しかけていた時に彼が離脱してしまったことでしょうか。
ドラクエ7、多くはよい方向で決着がつくものの、どこか悲しい、せつない終わり方をするエピソードが多いですよね。ドラクエはもともとそういう話は多いですが、7は特に…w
王様やリーサ姫の場合はその後が描写されるので、見ごたえがあるなと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ドラクエ10プレイ中!

ひのぼう(LW240-113)
グレン雪原10690-2

広場はこちら

Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
/address class=!--/not_permanent_area--