QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンクエスト10 目覚めし五つの種族 オンライン のプレイ日記 その41【VS魔軍師イッド強&魔兵ヒプノス強&魔兵タナト強】

マイキャラのページはこちらです。


IMG_2131.jpg


ドラクエ10のファンブックを買いました。

企画モノはまあ、正直に書くとあまり読みごたえはなかったですが、国勢調査が載っているのはいいですね。

討伐モンスターランキングとか、なるほどなー、というメンツになっていて、おもしろいですよ。


そして一番おもしろかったのは、ご近所さんのお家が載っていたことですね




①VS魔軍師イッド強&魔兵ヒプノス強&魔兵タナト強


強ボスいきてえなあ…

…なんてもらしていたら、ゴルチョさんに「イッドいってみる?」と声をかけていただいたので、アオミさんと7さんを加えて挑戦してみることに。

強ボス経験はマリーンのみで浅いし、強ボスはバージョン1.2になってますます強化。不安要素多しw

足を引っ張らないようにと緊張しましたが、これこそがボス戦の醍醐味!


img1.jpg


メギストリスのボス、魔軍師イッド魔兵コンビがつるんで襲い掛かってきます。

魔兵コンビはただのオマケでなくヒジョーにやっかいな存在。それぞれが脅威になりうるので、混戦必至という感じがしました。


3体同時というだけで相当しんどいのですが、やはり直接的にキケンなのはイッドの呪文

「メラガイアー」は無耐性ならほぼ即死級の威力だし、「イオグランデ」も混戦になると脅威でした。


さらに搦め手も混ぜてくるのがヒジョーにおそろしい

ヒプノスは「ラリホーマ」で数人眠らせてくるし、イッドの「指パッチン」は魅了の追加効果つき。

ほかにも、杖攻撃によるMP吸収、「マホトーン」、「テンションバーン」、「いてつくはどう」…と、あの手この手で困らせてくる。まったくもって、性格の悪い奴らです。



さて、今回は万全の準備ができていない状態での挑戦。お試しのノリ。

そのため、パーティ構成、レベル、装備等は、いま用意できるものでがんばろう、ということに。

テンプレ的な戦い方ではないので、これはこれでオモシロイな、と思うw


パーティ構成は私ひのぼう(パラディン)、ゴルチョさん(パラディン)、アオミさん(僧侶)、7さん(魔法使い)。

火力担当がたったの1人のため、長期戦は避けられないということに…w


戦い方はいくつか試しましたが一番よかったのは、重さのあるゴルチョさんがイッドを、僕がタナトを「ヘヴィチャージ」をしたうえで抑え、「ラリホーマ」、「マホトーン」がやっかいなヒプノスからやっつけるという作戦。

ゴルチョさんがばっちり抑えてくれていたのもあり、その場で用意した作戦のわりには死なないで戦うことができました。

が、何せ火力担当が1人だけなので、敵を削るのに時間がかかるかかるw

そして戦闘が長引くことが何を意味するかというと、状態異常からの事故がおきやすくなる…ということでした。


何度か挑戦するも、ほとんどのケースは搦め手で混戦になったところから崩れ始めるという結果でした。

一番いいところまでいったときはヒプノスを倒して残り2体というところだったのですが、イッドの「指パッチン」でまとめて魅了されてからの全滅という憂き目にw


あとすこしで倒せそう…という感覚が残っただけに、かなりくやしい終わり方でしたw

次こそはフルボッコにしてやるからなあああ!!




※このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved



関連記事

コメント

No title
(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

ドラクエ10プレイ中!

ひのぼう(LW240-113)
グレン雪原10690-2

広場はこちら

Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
/address class=!--/not_permanent_area--