QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ドラクエ10感想】「同じ空間で同時に遊ぶ」ってすごい

 
ドラクエ10ももうすこしで発売から半年です。

初のMMOでしたが、さすがに慣れましたねえ。オフゲーとの違いにいろいろ困惑したのがなつかしい。

初めての感想だけに、「ドラクエ10の感想」というよりは「オンゲーの感想」寄りな内容になっているかもしれません。


ネタバレはありませんが、長すぎたので追記にしまいましたw




①「同じ空間で同時に遊ぶ」ってすごい


MMOのすごいところ。

こんなことはあえていうまでもないことですが、「大多数のプレイヤーが、同じ空間で同時に遊んでいるところ」だと、あらためて思います。

発売日に買って、オンラインモードを始めてプクレットの村にいきなり放り出されたとき、まわりにうじゃうじゃと動き回るプクリポたちがみんなプレイヤーだったという、あの衝撃といったら…w


フレンドとチャットしながら遊ぶことの楽しさも発見しました。

チャットはもともと好きでしたが、これだけ長い時間チャットしながら遊ぶことはなかったので、なかなか衝撃的でした。ほとんどチャットだけして終わってしまう日もあったりして…w

そしてフレンドにかぎらず、見ず知らずの人をおうえん(戦闘中のほかプレイヤーが強化される)してみたり、ぼーっと観察してみたり。ひとりで遊んでいるときも、これだけで十分おもしろかったりしました。


「同じ空間で同時に遊ぶ」ことのすごさは、遊んでいくうちにさらに理解してきました。

たとえば。

オフゲーの場合、スーパープレイ、超やり込みプレイなどは、動画やブログでみることはあるけれども、それはあくまでも外の世界のはなしでした。

こんな書き方をするとおかしい表現かもしれませんが、そういうものは僕にとってバーチャルな存在でした。


ところが、ドラクエ10の場合は、目の前にキャラとして、アイテムとして、たしかにあるんです。これはすごいと思うw

全職業レベルカンスト、職人「生きる伝説」、100万G以上のアイテム(ちなみに僕は10万G以上持ち合わせたことはありません)etc…。

動画やブログでしかみれないような存在がはっきり目の当たりにして感じとれることが、ドラクエ10やっててとくに感動した点ですね。

逆に、初めて間もない雰囲気のキャラクターをみると、「こんな頃もあったな…」としみじみ思ったり…w


こんな風に、「同時にプレイヤーが遊ぶ」っていうのは想像していたよりさらにすごいことでした。

オフゲーしかやってこなかった身からすると、まさにカルチャーショックですよ。正直ここですべて語りきることはできませんね…w





②すこしずつ変化していくのがおもしろい


オンラインゲームのおもしろい点をもうひとつ上げると、「すこしずつ世界が拡張されていくところ」だな、と思いました。

いまどき、DLCなどなどで少しずつゲームが拡張されること自体は別にめずらしくもないと思いますが、オンゲーの場合は事細かに、大規模にかわっていきますね。


その変化のなかで、プレイヤーの遊び方も同時に変わっていくのがおもしろいところです。

初期のころはピンモー狩り、トンブレロ狩り。いまでは、タコメット狩り、ガルゴル狩りetc...と、流行りの稼ぎ方が編み出されていくんですよね。

後述する「旅人バザー」も、ゲームの変化にあわせてかわっていきます。


で、「以前はああだった」なんて会話を交わすのが楽しいんですよね…w





③ドラクエ10はマネーゲーム


マネーと書きましたが、なにもお金だけのはなしではなく、経験値も稼ぎにくい。

オンラインゲームなのでサクっと強くなってしまうとゲームとして成り立たなくなってしまうので、これはもう仕方のないことです。

お金はとくに大事に扱わないと、なかなか貯められません。なので、効率よく運用していくことが大事になってきます。


ここで面白いのが、「旅人バザー」

プレイヤーが出品したアイテムをほかのプレイヤーが買うワケなのですが、これがヒジョーにおもしろい。

プレイヤー間の需要と供給によって素材、装備の値段はつねに変動していて、「いまコレを売ると儲かる」っていう話題はつきません。

ヘタをすると損をすることになるし、うまく使えば儲かる。そうしてお金を稼ぐ方法を模索していくのが楽しいんですよねえ。


また、職人のシステムがあって、装備の職人、装備に特殊効果を付加する職人、というようにいろいろあるのですが…。

これもまたおもしろい仕組みで、「あるプレイヤーがつくった装備を出品」、「またあるプレイヤーがその装備を購入、錬金効果を付加、出品」、そして「最終的にそれを装備したいプレイヤーが購入」…と、装備品は人の手を渡り歩きます。

職人仕事にも素材が必要なので、これもバザーを使うことに。こんな感じで経済が動いてるんですね。

これもまた、はやりの装備品があったりして、どれを作れば儲かるのか?研究のし甲斐があります。職人仕事が大成功して大儲けしたときの快感といったらないですね





④「ドラクエ」はオンラインになっても「ドラクエ」


ドラクエがオンラインになると聞いて、最初に思ったのが「ドラクエじゃなくなるんじゃないの?」でした。

「ドラクエらしさ」がなにかは正直はっきりとわかりませんが、キャラクターだったり、おはなしだったり、音楽だったりしますね。ほかにも色々考えられますが…。

この点、ドラクエ10はオンゲーになりながらも、従来の「ドラクエらしさ」は大事に継承されているな、と思います

ヒジョーに多くの部分で従来のドラクエと異なるんですが、やっぱり「ドラクエ」なんですよね。これは素直にすごいと思う。


たとえば戦闘は従来のものから大きく変わりましたが、抵抗はまったくありませんでした。

この分なら、将来ドラクエの戦闘がアクションになったりしてもすんなり受け入れられそうな気がします。


こう考えてると、シリーズものってなんだろうなと思いますよね…。

どのゲームとは書きませんが、「これ別のゲームだろ…」って思ったシリーズもののゲームもなかにはあります。

シリーズものにおいて「らしさ」っていうのは重要だよなあと思います。これがなくなったらシリーズものじゃなくて新作でしょうと。







ぐだぐだーっと書き連ねましたが…

要するにいいたいことは「オンラインゲームってスゲーな」ということですw

ドラクエがオンラインにならなければ、おそらく一生手を付けることはなかっただろうと考えると、改めてドラクエがオンライン化してくれてよかったな、と思うのでした。


しかし同時に、反発の声があるのもよーくわかってくるw

「国民的RPG」としては、万人向けではないのはハッキリと言えますね。向いてない人にはとことん向かないでしょう。たぶん。



関連記事

コメント

うーむ
しみじみと読ませてもらいましたw
同じような意見を持ってプレイしてる者としては、色々と思い出して半年なのに懐かしいなとw
物凄く参考になりました!
というのも、来月VitaでPSO2が始まるので、初オンラインゲーに挑戦してみようかなと思っている自分にとってはもう未知の世界であり、恐ろしい世界でもあり…
でもひのぼうさんがいつも楽しくDQをプレイされているのを見て、自分は怖がりすぎなのではないか?とか思ったり、今回のひのぼうさんの優しい目線で書かれたオンゲーの良さを読んで考えを改めたいです。
まさにリアルタイムなゲームなのですよね!
そしてネットを介しているとはいえ、同じ人間が同時にたくさんプレイしていると。
勿論嫌なこともあると思いますが、それは現実でもそうですし、何より相手は人間ですしね。そう思えば反面教師にしたり等など…。
オンゲーならではの良さをたくさん知ることが出来て良かったです。

カルチャーショックを自分も受けてみたいです!!
本当にこの記事が読めてよかったですよ~!これからもDQの世界をめいっぱい楽しんで下さいませ!
No title
>>7さん

おおー、ありがとうございますw
実は読んでくれてるんですね!

半年はあっという間でしたよねえ。
ひとつのオンゲーを何年もやってる人もいるようだけど、もしかしてこんな感覚のままずっといくんでしょうか。
No title
>>マリーさん

>物凄く参考になりました!
もしすこしでも参考になったのなら光栄です!
僕にとってもオンゲーは未知の世界でヒジョーに踏み入りにくいものでした。
恐ろしいものっていうイメージはたしかにありますが、実際にさわってみるとそれはほんの一側面にすぎないんだなと納得しました。

>相手は人間ですしね
いろんな人がいますね。なので、それこそダメだ!と思ったら距離を置くことも必要なのかな、と。

>カルチャーショックを自分も受けてみたいです!!
オンゲーでしかない体験はたしかにあるはずなので、プレイされる機会があったらやってみてください!
人生はロールプレイングです
こんにちわ^^はじめてカキコのあおきじですん♪

この記事いいですね。
非常に前向きにDQXを捉えられていて素敵だなと思います。

顔も見たことない他人同士でって、私も最初戸惑いましたー。
ボス勧誘なんて挙動不審で白チャ飛ばしてましたよw

個人的な意見ですが、初のオンラインでしかもナンバリングタイトルのXは
オープニングムービーにすべてが集約されていると感じます。仲間同士でがんばって強敵倒して
「いいねb」みたいな。
(お酒が入っていると今でもウルッときちゃいます><)

あとドラクエが好き過ぎて
バージョンアップの度に、プロモと藤澤Dの「あとがき」にグッときます。

堀江さんが起こした熱い炎はまだ消えちゃいない。

お互いこれからもDQXを見守って行ければいいですね^^;では~♪
No title
>>あおきじさん

こんにちは。ご訪問&コメントありがとうございます!

>非常に前向きにDQXを捉えられていて素敵だなと思います
いやーありがとうございます。感想を書くときはいつもあまり後ろ向きなことは書かないように、前向きなところをプッシュして書いているんですが、そこに気づいてくださるととてもうれしいですw

>ボス勧誘なんて挙動不審で白チャ飛ばしてましたよw
わかります!必死に声掛けしてるところに心優しく「いきましょうか?」って言ってくれると「天使か!」みたいな。

>オープニングムービーにすべてが集約されていると感じます
WiiU版のオープニングを観たときに、僕もおんなじことを感じました。Wii版のをみたときは「ドラクエだー」くらいの感想だったのですが…。
ムービーなのでもちろんドラマチックにはなっていますが、フレに助けてもらって、すこしずつフレが増えていって、手伝ってくれたフレを逆に助けて…と、まさにドラクエ10のプレイヤー関係だなこれは、と。こう考えるとあのムービーがさらに好きになりました。

>お互いこれからもDQXを見守って行ければいいですね^^;では~♪
ほんとそうですね。またどっかでパーティ組みましょー!

コメントの投稿

非公開コメント

ドラクエ10プレイ中!

ひのぼう(LW240-113)
グレン雪原10690-2

広場はこちら

Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
/address class=!--/not_permanent_area--