QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界樹の迷宮4 伝承の巨神 のプレイ日記 その10【VS三竜】

三竜に挑戦してきました。

3ではかなーり苦しめられたニガイ思い出があるので、準備は怠りなく…w


つづきは三竜+αの攻略日記です。



世界樹の迷宮IV 伝承の巨神 特典 ブックレット付きサウンドトラックCD付き世界樹の迷宮IV 伝承の巨神 特典 ブックレット付きサウンドトラックCD付き
(2012/07/05)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る





①VS三竜



VS三竜


ラスボス撃破後に酒場を訪れてみると、三竜に関わるクエストを受注できるようになっていました。

前作世界樹3ではコイツら(とくに雷竜)にえらい苦しめられた過去があるので、心を折られないように準備を重ねることにしました。前回の記事がそれですね。


それぞれ得意としている属性攻撃や弱点はあらかじめわかっているので、3で攻略していたときよりは気楽に挑戦できたというのは大きかったですねえ…w

実際にやってみると、行動パターンもそれほど大きな変化はなく。新鮮味はありませんでしたが、ラクに倒せたのはよかったですね。


とくに心配だったのがブレス攻撃。無対策では一発でパーティ壊滅なのは3と一緒でした…w

無効にする手段こそありませんが、なんとも都合よく設置してある素材の料理と、ルーンマスターの各種聖印で耐性を上げておけばバッチリ耐えることができました。


IMG_2025.jpg


いと涼し


もはやフォートレスの「オールディバイド」ですべて受け切れてしまうほどに軽減できたのには驚きましたw



VS偉大なる赤竜


IMG_1999.jpg


まさかの皇子との共闘に。「帝国最強の騎士」のようです。童顔のクセにやるなあ

バトルメンバーは左上から、ソードマン、ダンサー、フォートレス、ルーンマスター、メディック、バルドゥールです。

ルーンマスターやバルドゥールは状況に応じて前に出したり下げたりします。


ブレスの対策は余裕として、やっかいな追加効果つきの攻撃はフォートレスで「ランパート」からの「オールディバイド」でOK。

ダメージに耐えてくれるのはもちろん、よく回避するので追加効果も受けにくい。回避特化フォートレスの真価はこれですねw


フォートレスを盾にしておけば悠々とリンクスキルで攻められるというモノです。

「リンクフリーズ」から「凍牙の印術」、「フリーズドライブ」でガンガン攻撃していくと、みるみる敵の体力が削れていきました。



VS氷嵐の支配者


IMG_2024.jpg


赤竜でレベルキャップが解放され、そのまましばらく第6迷宮を攻略したりしてがっつりレベルを上げての挑戦になしました。

70を少し超えたレベルまであげたおかげか、ラクラクに倒せました。


IMG_2026.jpg


こちらはキルヨネンさんとの共闘に。雷属性攻撃持ちはコイツのためだったのかと納得w


コイツの攻撃も赤竜と同じくフォートレスで「ランパート」からの「オールディバイド」。どんな攻撃が飛んできても対応できました。

余裕で対応できたので、余裕でガンガン殴っていきます。「リンクサンダー」を入れた後にルーンマスターとキルヨネンで「天雷の大印術」をブッ放して続いていきました。


IMG_2028.jpg


6ターンで倒せてしまいました。強くし過ぎたか。



VS雷鳴と共に現る者


IMG_2030.jpg



今度はウィラフさんとの共闘に。「チェイスサンバ」と「ラッシュダンス」でリンク発動の一端を担ってくれました。


さて、3では最も苦労した竜がコイツでした。

何よりもこちらの強化枠をたくさん埋めていると使用してくる「呪われし遠吠え」がヤバすぎます。3ではプリンセスを入れながら号令に頼れなくて泣きそうになりましたね…w


で、今回はどうなんだろうなと思いながらがっつり強化枠を埋めていたら


IMG_2029.jpg


で、出たぁー!!!


思ったよりは即死の被害は出ませんでしたが、それでもやっかいなことには変わりませんでしたw


で、コレを使わせないためにはバフを絞る必要があります。

「雷の聖印」でブレスのダメージを軽減したいところですが、コレだと強化枠を埋めすぎなので却下。

ソードマンは「ヴァンガード」「リンクプラス」、ダンサーは「アタックタンゴ」「チェイスサンバ」「リフレッシュワルツ」、ウィラフは「チェイスサンバ」…と、ほぼ攻撃に必要なバフだけをかけることに。

「リフレッシュワルツ」をしておけば、マヒでフォートレスがディバイド失敗~なんてことにはなりません。

こういうとき、強化枠を使わない「羅刹」や、「ホークアイ」のような弱体スキルが光りますねえw





②VS冥闇に墜した者



VS冥闇に堕した者


IMG_2032.jpg


三竜をすべて倒したところで、新たなクエストが。そういえば3にもエルダードラゴンってのがいたなあなんて思いだしながら挑戦してみることに。



封じ対策しないとどーしようもない


最初のターンに「冥闇の呪縛」という敵味方全員が封じ状態になるというトンデモないスキルをブッ放してきました。とんだ迷惑野郎ですね

敵は1か所残っているのに、こちらはほとんど全箇所封じになってしまうという鬼畜っぷりに唖然としましたw


対策としては「リカバリワルツ」を「クイックステップ」で先制発動すればいい…と思ったんですが、強化解除の効果もあるためコレはダメ。

仕方がないので、最初のターンには「アムリタα」を回復役のダンサーやメディック、ディバイド役のフォートレスに使っておき、次ターン以降「リカバリワルツ」で回復することにしました。



普通の攻撃も普通に痛い


こちらが封じでモタついてる間もガンガン攻撃してきますが、これまたかなりの破壊力で、モタついてる間に余裕で死ねました。

速攻で封じを解除しておいてフォートレスでディバイドすればまあなんとかなるといったところでした…w


それにしても連続ヒットで即死付与というのはかなりの鬼畜っぷりですな。ディバイド回避がこんなにありがいと思ったことはないかもしれません…w



「スーパーノヴァ」がヤバイ


3でエルダードラゴンが使ってきたように全滅必至の「スーパーノヴァ」を使ってくる相手でした。

これまた対策も同じで、頭封じにしておかなければならないのですが…コレがけっこう大変。


一応「冥闇の呪縛」で自ら頭封じになってはくれるのですが、コレだけではどうもダメなようです。

なので、ダンサーはヒマをみて「頭封じの方陣」を展開しておくことに。確実ではないですが、少なくとも「スーパーノヴァ」が飛んでくるまでには一度は効く感じがしました。

一応バーストスキルの「太古の呪縛」も用意しておきましたけれども、使うことはありませんでした。



耐えつつリンクで攻撃


弱点属性がないので「雷の聖印」で弱点をつくっておきます。

で、あとはいつも通りにリンクスキルと「チェイスサンバ」「ラッシュダンス」、「天雷の大印術」で攻撃するのみです。

しかしまあ、途中で何度も「冥闇の呪縛」が飛んできたためかなり困りましたwその都度「アムリタα」で回復を挟むことになるので、なかなか思ったように殴れませんでした。


と、こんな感じでかなり苦労させられつつも撃破に成功~。こりゃあ運も絡む相手でしたね…w



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ドラクエ10プレイ中!

ひのぼう(LW240-113)
グレン雪原10690-2

広場はこちら

Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
/address class=!--/not_permanent_area--