QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルズオブエクシリアやってみるよ その8

エンディングを観ることができました!(ノ´∀`*)

これでどっしり腰をすえて碧の軌跡にのぞめるというワケです。


が、ミラ編だけではスッキリしない点が多々w

時間をみつけて、ぜひジュード編も遊んでみたいと思っています。


記事の中身は、エンディングまで。




テイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱) 特典 特製「マスコットチャーム(全4種のうち1種)」付きテイルズ オブ エクシリア (初回特典:「15th Anniversaryプロダクトコード」&「PS3カスタムテーマ(全10種)プロダクトコード」同梱) 特典 特製「マスコットチャーム(全4種のうち1種)」付き
(2011/09/08)
PlayStation 3

商品詳細を見る






①ジュード、選ぶ



ジュード、選ぶ


エレンピオスのひとびとはジンに頼らざるをえないという事実を知って、なんとか人間と精霊が共存できる道はないかと悩むジュード。

(遊んだことのある)いつものテイルズならば、このあと20時間近くストーリー引っ張れるような展開なんですが、ジランドが用いていた「オリジン」の技術を知ったことで、一気に進展が。

オリジンならば、ジンを利用する人々の生活を支えながら人と精霊の共存もできるようになるんだとか。


ジュードがエレンピオスの人々も救いたいと奮闘する決意をかためた一方で、リーゼ・マクシア的には都合の悪いジンを徹底的にぶっ壊す手段に出るガイアス。

ここにきて、ふたたびガイアスたちと対立してしまうことになるワケですな。

どちらも(自身の望む)世界を救おうとしてるのに対立してしまう、という構図はテイルズではお馴染みという感じです。


しかしミラ編を遊んできた身としては、ここにきてはじめて「ジュード主人公してるなあ」と思った瞬間でありましたw




アルヴィンとエリーゼ


ミラさんが死んでから復活するまでの間に何かがあったらしく、どこか仲間たちと距離をおいた雰囲気になってしまってるアルヴィン。

いままでアルヴィンのことは決してよく言わなかったエリーゼが、とうとうアルヴィンの理解者になって勇気づけてあげる・・・というシーンなのですが・・・


細かいことはいいです。ピックアップすべきは


エリーゼがアルヴィンのほっぺにチューしたことでしょ。


エリーゼったら、いつの間にダイタンに・・・w

ジュードたちと出会ったころと比べると、もう成長モリモリという感じです。



レイアとローエンさん


年長者らしく意志をかためたローエンさんが、自分がついていってもいいものかと悩むレイアにアドバイスをしてあげる。

悩んだ結果、レイアも「ジュードの喜ぶところが見たい」と、自分の気持ちに正直になってジュードたちについていくことを決めるというシーンでした。


レイアはやっぱり、明るく振舞いながらもどっかでそういうキモチを持ち続けてたんですかねえ。

メインストーリーではそんなに触れられなかった部分ですので、どうなのかなと想像してしまいます。

もしかしたら、ジュード編で存在感を示すキャラなのかも?



ミラさんとジュード


このシーンをみていて思ったのですが

ミラさんはだんだん人間臭くなってきて、ジュードはだんだんミラさんに似てきたなあと。


終盤にはいってから、ジュードがだんだんたくましくなってきたので、どんどん戦闘に参加させてあげています。もうがんばってもらうしかないと思って。





②VSガイアス&ミュゼ



VSウィンガル


入口にて、「もう引き返せませんよ」と言われてちょっとビックリしました。

要するに、ラスダンといってもとても短いんですよね。まあ、メンドくさい長ったらしいのよりははるかによいです。


さて、さっそくウィンガルとの戦闘になりました。

プレザとアグリアは?と思ったんですが、ジュードたちがミラさん不在の間に戦ったとかなんとか言っていたので、彼女らとは決着がついてたのかもしれません(;´Д`)


ここまできてウィンガルひとりっていうのはまーったく問題になりませぬ。

雷耐性がしっかりついているので、秘奥義の「ライトニングノヴァ」だってなんてことなし。



奥で会おう


ウォンガルを倒すと、みんなバラバラで進まなければならないことに。

しかしまあ、ここまでくるとみんな信頼し合っているというか・・・心配なんかしてないから奥でまた会おうって、熱い展開ですよねえ。


しばらくはミラさんひとりで進んでいくことに。もはやザコは見向きもせずにズンズン行きました。

ボス戦にそなえて、物理防御&術防御が+40%の「海鮮サラダ」を食べておくことに。抜かりはなーい!



VSミュゼ


ズンズン進んでいくと、ジュードと合流。

そこにミュゼが現れ、ミラさんとジュードで迎え撃つことに。


一度ミュゼとはタイマンを張っているので、大体戦い方はわかっているというか、そこまでオソロシイ相手ではありませんでした。

秘奥義が飛んできてなかなかのダメージをもらうものの、しっかりアイテムで回復しながらやっつけました。



VSガイアス&ミュゼ


ミュゼを追っかけて、ジュードとともに最深部へ。

やっぱり最後はコンビで相手をすることになりました。ひとりですらなかなか手ごわいのに2人同時に襲ってくるとか、なかなかに戦慄を覚えます。


しかも、コチラはミラさんとジュードしかいないんですけど。まさかのタッグマッチなのか!?


・・・という不安も、戦闘開始からしばらくして解けることに。


遅れてアルヴィンが登場、イキナリ秘奥義をぶっ放して戦闘に乱入してきました。熱いなー!!w

さらに、エリーゼ、レイア、ローエンさんと続いて秘奥義とともに入場。こういう演出大好き。


せっかくみんなが駆けつけてきてところで固定メンバーで戦うのも悪い気がしたので、ちょこちょこ入れ替えながら戦うことに。

なんだろう。そうせざるをえなかったw


さて、ガイアス、ミュゼともに以前戦った感覚とそれほど変わらない感覚で戦うことができましたが、今回は2人同時なのです。

乱戦気味になるのはもちろん、敵もリンクアーツを使って来たり、せっかく攻撃してもかばってきたり。


もちろんオーバーリミッツからの秘奥義も。

ミュゼのものは全体攻撃なので生存できますが、ガイアスのものは単体に即死級のダメージなためなかなか苦労させられることに。


やはり片方を先に倒すのが得策と考え、HPの低いミュゼから殴っていくことに。

乱戦、敵のリンク、秘奥義にてこずりながらも、ミュゼのHPを削りきる。コレでもはや楽勝!


・・・なーんて思ったところで。

なんとミュゼが復活しているではあーりませんか!そりゃないよ!!w


なぜ復活したのか?ガイアスがいると復活するのでは?

・・・と考え、今度はまだ半分以上も残っているガイアスを叩いていくことに。し、シンドイ・・・!w


そうしていくうちに、自然とミュゼをもう一度撃破していました。

今度は復活しないようで、今度こそガイアスのみに。

ひとりだけならば、もはや脅威になりうるのは秘奥義のみ。それすら単体なのでもう負けはない。


そうして、仲間の乱入やミュゼの復活にビックリさせられながらも、ラスボス撃破しました(ノ´∀`*)





③エンディング


ミラさんがマクスウェルになるので、ジュードたちとお別れするシーン。

最後の最後で、ジュードとミラさんの立場が逆転しましたね。

序盤~中盤でのミラさんなら、別れの際に涙を流すなんて考えられなかったもんです。いやー、ジュードも立派になったのう。


エンディングでは、長ーいアニメムービーが。ホントお金かかってるなあ。

みんながそれぞれ、できることをやっていくというモノでした。ガイアスやミュゼもそれぞれのやり方で協力してくれているようです。めでたしめでたし。


やはり気になるのは、ミラさんのいない間ジュードたちに何が起こったのか?

うーん、やっぱりもう一周するしかないようです・・・w





関連記事

コメント

1周目クリアおめでとうございます!

自分はまだまだ時間が掛かりそうなのでジュード編に行けるのに後どれほど掛かる事やら……。

碧の軌跡の記事も楽しみにしています。
>>cebe37さん

アリガトウゴザイマース!(ノ´∀`*)

次のゲームが出るから!といって急いで遊ぶのはなかなか骨が折れました。ぜひゆっくりプレイされてください。

碧の軌跡もがんばります!
拍手コメントアリガトウゴザイマース!

>>マリーさん

アリガトウゴザイマース!(ノ´∀`*)

碧の軌跡いよいよきましたね。楽しみです!

コメントの投稿

非公開コメント


ドラクエ10プレイ中!

ひのぼう(LW240-113)
グレン雪原10690-2

広場はこちら

Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
/address class=!--/not_permanent_area--