QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界樹の迷宮3やってみるよ その10

レベルキャップが解放されたので、レベル上げ合宿中です(ノ´∀`*)

ザコと延々と戦ってみたり、大航海クエストを繰り返してみたり。


記事の中身は、第6層の途中まで。

寄り道ボス攻略は、「雷鳴とともに現る者」と「アルルーナ」。




世界樹の迷宮III 星海の来訪者(特典なし)世界樹の迷宮III 星海の来訪者(特典なし)
(2010/04/01)
Nintendo DS

商品詳細を見る






①昏き海淵の禍神


なんとも異様な雰囲気がなかなかスキです。白亜ノ森とのギャップがヤバイ。



すべてがイヤラシイ


雰囲気と同じように、ザコ敵もギミックもたいへんイヤラシイものでした。

ザコに関しては、5層よりもさらに手ごたえのあるヤツがゾロゾロと。というか「スキル使わずに倒しちゃえ」みたいに手を抜ける相手はほぼいない印象が。

とくにこちらを縛り状態にしてくるカボチャがたいへんウザったくてですね。出るたびに「またオマエかー!」とw

自爆してくるウサギや異常に攻撃力のあるトンボには「発煙弾」、カミキリ虫は「飯綱」で石化させて最後っ屁阻止と、やっぱりうちのシノビはザコ戦で輝きます。



滑る床


さてさて、まず最初の21Fですが、滑る床がギミックでした。ありそうでなかった。

シンプルな仕掛けなんですけど、コレがなかなかてこずりまして。行ったり来たりしてました(;´Д`)

とくにビビったのは、突然乱入してくるF.O.E。倒すこと自体は全然可能なんですけども、ウザいw



落とし穴だ!


22Fは白亜ノ森にもあった見えない仕掛けに、さらに落とし穴を追加したという、これまたイヤラシイギミック。ただひたすら通路を書きながら落とし穴の位置をマッピングするのみ。

突破したときの達成感がなんかスゴかったw




②VS雷鳴と共に現る者


三竜の2匹目と殺りあってきました!バトルメンバーはそのままで。

前列:プリンセス(ファランクス) ウォリアー(バリスタ)
後列:モンク(シノビ) シノビ(バリスタ) ゾディアック(プリンセス)

・・・となります。


IMG_0405.jpg


今度は「サンダーブレス」が飛んでくるので、「雷の先見術」で対策しときます。



竜の鉄槌


「竜の鉄槌」という全体攻撃がオソロシく、2発もらえば後衛が壊滅するため毎ターン「パーティヒール」連発しました。竜の方が素早いので、後手の回復になるのが苦しい。

やっかいなことにマヒが追加効果なので、ヘタをするとマヒでモンクが動けないなんて事態に。ここは「予防の号令」でしっかり予防していきました。プリンセスも後手になるので、先読みでかけておかないといけないのがキツイ。



呪われし


もちろん攻撃もしていかなければならないので、「照明弾」でのサポートから「ナインスマッシュ」。撃ちにくいとはいえ、やはりクリーンヒットすればなかなかのダメージなんですよねえ。


そうして、一見順調に勝負できそうに思えてきたとき、「呪われし遠吠え」というスキルが飛んできました。

コレが超鬼畜ワザで、全体に呪い&即死の効果。即死は予防できないらしく、アッという間に3人死んでしまいました。もうア然としました。


その後どうなったかって、全滅したに決まってるじゃないですかあ!!


さて、この後何度も、何度も挑むも、結局「呪われし遠吠え」から全滅しちゃいました。即死防止のアクセサリをつけてみても、そこまで事は改善に向かいませんでした。

もーう!コレどうすんだよ!?ととうとう心が折れて、調べてしまいました(ノ∀`)

すると、「味方全体で強化をかけすぎると呪われし遠吠えが飛んでくる」という事実がわかりました。

ンなもん気づくかーッ!!w

※よくよく考えたら、遠吠えには「強化を打ち消す」効果もあるから予想できなくもない。



遠吠えされないようにするために


つまりコレはどういうことかというと、プリンセスの号令やシノビの「照明弾」でのサポートに頼っているウチのパーティを全否定してくださっているということです。

強化に頼らずに戦えるパーティに変えることすら考えましたが、メンドイのでそのままで勝てる努力をすることにしました(ノ∀`)


もはやパーティ全体に強化をかけてしまう「照明弾」のサポートには頼れないということで、「ナインスマッシュ」の使用はあきらめることに。

結局、味方にかける強化はモンクがいる後列にかける「予防の号令」と、物理攻撃を引き受ける前列にかける「防御の号令」のみでいくことにしました。



攻め方


さて、結局決め手は今回もゾディアックになることに・・・w

「エーテル圧縮」からの「炎の星術」や「業火」のみがダメージソースとなり、ほかのメンバーはソレをサポートする側にまわるカタチに。


ウォリアーは「ナインスマッシュ」よりも「アームブレイカー」で腕縛りを狙うことに。そう何度も縛れるものではないのですが、ないよりははるかに楽。

腕を縛れればやっかいな「竜の鉄槌」を封印できるというのがデカすぎます。もはや「ナインスマッシュ」で戦うよりもはるかにイイ仕事をしてくれる感じがw


シノビは素早いのでアイテムの補助役。敵より確実に速く動けるアイテム係っていうのはなかなか重要なポジションです。

「陽炎」で敵の攻撃をそらすこともできなくもないし、「影縫」で脚を縛ったりもできる。後述の「恐ろしき竜牙」が縛れるのはありがたい。



恐ろしき


さて、こうして強化を制限しつつそれなりにイイ勝負をしていくとまーた問題が。

その問題は「恐ろしき竜牙」という対象をランダムに何度も殴る攻撃。

コレがやっかいで、威力がただでさえヤバイのに当たった相手の防御力を片っ端から下げていくという極悪スキル。ほんとうに、「恐ろしき」。


ランダム対象なので後衛に飛んできまくるとたまったものではない。ので、シノビで例のごとく前衛に「招鳥」して引きつけます。

が、防御ダウン効果のおかげで、前衛といえど集中砲火でコロっと逝きます。困ったもので、一気に前衛壊滅から全滅へ・・・w

「防御の号令」をかけていれば一度目の防御力低下は打消しですむので、欠かせずかけます。これに加えて「ラインガード」をすることでようやく耐えられるという感じ。

これでもクルシイので、やっぱりここぞというタイミングでは「イージスの護り」で物理攻撃をシャットアウトすることに。このリミットスキルは便利すぎます(ノ´∀`*)



こうしてマヒやら防御ダウンやらに悩ませられながら、単体攻撃が続いて飛んでくる運に感謝しながら、アイテムが切れるほんとにギリギリのところで撃破。

赤竜よりもだいぶ苦労しました。すべてのゲームを通して、こんなに達成感のあったボスはいつ以来であろうか・・・w




③VSアルルーナ


IMG_0401.jpg


一度ボッコボコにノされてお手上げだったアルルーナですが、しっかり対策してリベンジしてきましたよ!!

バトルメンバーはいつもといっしょです。


IMG_0400.jpg


わざわざ頭縛り対策にモンクのサブをショーグンにして「精神統一」を習得させてきましたから、気合入ってます。

装備しているアクセサリ「万雷の護符」もポイントです。



ライトニング


アルルーナのスキルでもっともオソロシかったのがコレです。

初見では、全体に大ダメージなくせにさらに頭封じまでつけてくるという鬼畜ぶりにア然としたものです(;´Д`)


あまりにオソロシイので、わざわざコレの対策をしてきました。

まず、サブクラスをショーグンに変えたモンクはかかさず「精神統一」。コレでモンクの頭が封じられて回復出来ず一気に壊滅なんて流れはふせぐことができました。

さらに後衛の3人には「万雷の護符」を装備してライトニングのダメージそのものを軽減していきました。


IMG_0404.jpg


イタくもカユくもなーい!(ノ´∀`*)



テンタクルビート


見た目と設定からトリッキーな攻撃が多いのかと思えば、思いっきりゴリゴリ殴ってくるので意外でした。

テンタクルビートは対象がランダムの複数回攻撃ですが、マトモに受けるとすごくイタイのでしっかり防御をかためます。

プリンセスの「防御の号令」をしっかりかけたうえで、「挑発」か「招鳥」で引き付ければモンクなどに被弾せず安全でよろしいです。プリンセスは防具をガッチリ固めたうえに打撃軽減の護符をつけてきたので、全然効きません。


IMG_0402.jpg


ソレで攻撃のつもりかーッ!



フロストスマイル


フロストスマイルは全体にダメージ+スタンというオソロシイ技ですが、コレがもとで一気に壊滅するというもんではありません。

スタンしてしまったものはあきらめて、次ターンにプリンセスの「クイックオーダー」から「パーティヒール」をかけて、丁寧に回復していきました。



太古の呪粉


こっちはイメージ通りで、全体になんらかの状態異常をバラまく技。一度まともに喰らったのですが、それはもうカオスな事態に。

なのですが、状態異常に関しては「予防の号令」もちが2人いるわれらにはそうそうコワイものではありません(追加効果で状態異常ならハナシはまた別ですけど)。



ヴァンパイアキス


後半に急に使ってくるようになったもので、ものスゴイダメージを与えて、さらに自身のHPを回復するという憎たらしいスキルでした。

後衛のシノビが一撃で沈んでビックリしましたが、そこは落ち着いて防御を固めたプリンセスの「挑発」で引き付けました。

プリンセスなら半分ほど喰らうだけで済むので、むしろ回復が単体でラクになるくらい。



攻め方


ウォリアーの「ナインスマッシュ」と弱点をついたゾディアックの炎攻撃がメイン。「エーテル圧縮」⇒「業火」がほんとに強くて助かります。

「フロストスマイル」のスタンがやや脅威なくらいで、ダメージを与えることに関してはそこまで苦労することはありませんでした。


「ヴァンパイアキス」の回復にちょっと手を焼きつつも、地道にダメージを与えて撃破!

今回はけっこう余裕ある勝利でしたので、対策がハマったということになります。

嗚呼、快・感(ノ´∀`*)





関連記事

コメント

>即死は予防できないらしく、アッという間に3人死んでしまいました
即死が予防できないとか中々鬼畜ですね
成功しなければノーダメージというのが情け?
けど呪いってのも厄介そうだ
>>白夜叉+さん

そうなんですよねー。即死はどーしようもないので、防ぐ方法は「そもそも使わせない」が最善のようです。

呪いは相手を殴ると反動ダメージがあるっていうモノなので、おとなしくしてる限り害がないです。ウザイけどなんとかなります。

コメントの投稿

非公開コメント


ドラクエ10プレイ中!

ひのぼう(LW240-113)
グレン雪原10690-2

広場はこちら

Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
/address class=!--/not_permanent_area--