QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼノブレイドやってみるよ その8

今回は雪山の冒険&ダンバンさんが超カッコイイ、イベントです。




Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る







①顔つきあれこれ


前回、顔つきの中にフィオルンがいたことに盛大にビックリしました。黒い顔つきに殺られたとき、ツメには血がついていたし絶対死んでたと思ったのに。

というより、本当に死んでたように演出されてたこそ、重みのあるシーンだったワケなんですよ。オープニングのコロニー9襲撃は。

なんかFF7のエアリスみたいに、「死んだあともおはなしに影響をあたえてくる」とかそういうアレだったりするのかなぁなんて思っていました。完全に予想のナナメ上行かれたw


さて、まぁコレで顔つきの中には、ああやって操縦者がいるということがわかったワケです。別な名前で呼ばれていたり、記憶がない(?)っぽいので、一度死んで復活したとかそういう可能性も捨てきれないなと思いました。

まぁ黒い顔つきの方はしっかり記憶あるっぽいですけどねぇ。ゾードは「この身体になってからうんぬん」言っていたので記憶はあったのかもしれない。もしかするとフィオルンが例外なのかもしれませんなぁ。


死んだと思ってたフィオルンがまさかの登場だったので、もうガドなんかは顔つきで登場するだろうなと。生死不明の恋人は生きてるの法則です。

あとはそうだなぁ・・・ヒゲの隊長とかが顔つきになって登場したら爆笑しますね。バカモーン(やや甲高い声で)とか言ってタレントアーツぶっぱなしてくるとか最高だと思います。




②雪山


おおー!一面銀世界!こういうのも待っていました!


昼はなにか恐ろしげな雰囲気で極寒の世界といった感じ。一転して夜はクリスタルがホワーっとひかって大変幻想的な雰囲気になります。景色の印象もガラッと変わります。こういう雰囲気の違った楽しみを用意してくれているのはほんとにウレシイです。



スイーッドバーッ


上層から下層に降りるとき、氷のトンネルをスイーッと落ちますが、コレはなかなかオモシロイ。吸い込まれる感じがした。

逆に下層から上層に上るときは間欠泉でドバーっと飛ぶんですよね。どんな行き来の仕方だw



冷気ヤバイ


ネブラ系のユニークモンスターと対決してみました。が、コイツはまためんどくさいですなぁ。まずスパイク持ちなので対処が大変。バインドだからと無視するわけにもいかないし。

これまでとくにデバフを意識して装備を変えたことはなかったんですけれども、コイツ相手で初めてイタイ目に会い必要性を感じました。

イキナリ、アイスなんたらというアーツをかまされ、全員冷気のデバフに陥りゴリゴリ体力削られて壊滅状態になっちゃったのです。

こういうヤツ相手はデバフ対策ナシにつっこむのは無謀らしい。このアーツの使用頻度を考えるとカルナさん一人入れればイイという問題でもなさそうなので、ジェムがそろうまでスルーしとくか。



事故


飛行タイプのモンスターと戦っているとき、カメラは敵側に、つまり上向きにしているんですが、それで悲劇が。バックスラッシュをかまそうと旋回していたら、ガケがあることに気付かずまっさかさまに落ちてしまったのです。まさに滑落死。



三大賢者の頂


雪山探索をしていると、細い道を発見。こういう細い道は、ほぼ必ず秘境に通じているので「まぁ今回もこのまま登れば頂上だろう」なんて思ってたらビックリ。氷のジャンプ台があるではありませんか!

ふつうに滑ってピョーンと飛ぶと、手前の水場に着水。失敗しました。

その後2回ほどミスったので、飛ぶ直前にジャンプするようにしました。あと、「リキパパならフワフワしてるし風に乗りそうだな」とかテキトウなことを思いついて、リキパパを先頭に。真面目に補足しておくと、たぶんコレに意味はない。

すると見事に成功!壁に張り付きました!カリオストロの城か!!w

その先にあったのは秘境でした。コレはまたイイ眺めですな。

IMG_0210.jpg

普通に眺めてますが、近くに超強いモンスターがいるので気が気ではないです。




③モナドがあったところ


雪山と言えば・・・と思い返していたところでしたが、やはりココのことだったようです。シュルクとかディクソンさんにもまだまだナゾが残っているなぁ。

シュルクとアルヴィースの会話を聴いて何やらダンバンさんが思いふける。付き合いの長い彼だからこそ何か思うフシがあったんだろうか?気になります。




④フィオルンと再会


雪山をくだっていくと、白い顔つきもといフィオルンが登場。けっこう早めに会えたなぁ。っていうか会いに来てくれたのか。

もしかして戦わないといけないのか?と思いましたが、話をしにきただけっぽい。

と思ったらコレはまたイイタイミングで黒い顔つきが乱入してフィオルンに攻撃。お前いろいろと敵役的な意味でオイシイとこもってきすぎw


フィオルンを人質にモナドをよこせだとか、まぁやっぱりヒキョウなヤツですなぁ。コレにはシュルクも応じざるを得ませんと。

で、パカッと開いてコックピット(?)からついに中の人がお出ましかぁ。そうそう、この人。ムムカ。よし、呼び方はムカ本でいこう。


そのままではムカ本にモナドを拾われてしまうというところで、父を殺されたメリアはやっぱり黙ってない。ビシッと強烈な一撃を食らわしてスキを作りました。

直後、ムカ本の前に立つのはやっぱりダンバンさんでした。




⑤ダンバンさんVSムカ本


で、ムカ本とのバトルになります。バトルメンバーは、まぁ当然、操作はダンバンさんで、あとはシュルクとカルナさん。

そこそこ攻撃力が高く、当たれば痛い攻撃かもしれないが、全身素早さアップ3づくめでギラギラに光ってるダンバンさんにそんなものは当たらない!明鏡止水をすればもっと当たらない。ホラホラ、当ててみろ。

そういう感じで苦戦せずに勝ちました。


このままイベントにて引き続き、ダンバンさんVSムカ本が!コレは熱い!

ムカ本はどうやら英雄になりたかっただけで、その座を奪ったダンバンさんにコンプレックスをいだいていたみたいですね。アレ?完全にテイルズのバルバトスじゃん。

一騎討ちのすえ、ムカ本を倒すダンバンさん。恨み言など一切言わずに、ムカ本への情すら見せますね。もちろん、すでに敵だから容赦はしないけど。ちょっとカッコよすぎるでしょう。

この器の大きさこそが、彼が英雄たるところですな。ムカ本も実力はあるのかもしれないが、こんなんじゃどうあがいたってダンバンさんには追いつけないでしょう。




⑥盟主


ムカ本ともコレで決着か?と思ったらまたコレはいいタイミングで超強そうな機神兵が登場。どうみても親玉。

エギルとかいうこの人が、どうやら盟主とやらだそうです。肩書きだけから判断すれば、どうにもラスボスの雰囲気。

そういえば一度シッポだけ映って出てきていたような気もしてきました。普通に言葉を発してるところを見るに、中身は人かもしれませんな。

会話の内容からして、どうやらただの虐殺集団のボスではなく、何かしら敵なりの大義をもった人らしいことはわかりました。いったい何がしたいのか?先が気になるところであります。


と、フィオルンを連れて行ってしまう盟主。あーっ!お持ち帰りしようと思ってたのに!ムカ本にも逃げられてしまいました。

あえてココでシュルクたちを始末しない意味はなんなのかが、気になるところです。


さて、仕方ないので、フィオルンをガラハド要塞まで連れ戻しに行くぞ。なんか盛り上がってきた。






関連記事

コメント

どうも!楽しく読ませてもらいましたー

実は今日ゼノブレイドやってました!丁度今回のマップ秘境の散策ですwww
このマップは入り組んでいてわかりづらくて一つしか見つけれなかったけどwww

ストーリーの時にこのマップで変なところから落ちちゃって死んで、また最初から長い道を練り歩きしたのはいい思い出!!
>>スイトさん

今回もコメントいただきましてありがとうございます(ノ´∀`*)

雪山すごく入り組んでますよね。マップ見ながら歩き回っても、ガケにぶつかったりガケから落ちたりw

そんでもってランドマークも多いわけじゃないので戻されるとけっこう歩かされるんですよね(ノ∀`)

コメントの投稿

非公開コメント


ドラクエ10プレイ中!

ひのぼう(LW240-113)
グレン雪原10690-2

広場はこちら

Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
/address class=!--/not_permanent_area--