QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英雄伝説 閃の軌跡 のプレイ日記 その15【第5章 動き始めた意志②】

image007_2013111319093711c.jpg


ラウラのクラフト「洸翼陣」

STRとDEFを2段階上げる自己ブースト系のクラフトっていうだけでかなり便利なのに、おまけに心眼まで付加してしまうというトンデモ性能でびびった。

ADFが下がるという弱点もあるけど、駆動解除持ちと組めばほとんど問題にならないし、こりゃあ一気に化けた感じがあるなあ…。



レクターふたたび



image018_201311131910031dd.jpg


あのユーシスがミリアムにペース乱されまくっててわろた。



image001_20131113191006679.jpg


レグラムへ出発するところで、レクターが登場。通商会議を目前にサラ教官になにやら情報を渡しに来たようだが…。


レクターとクロスベルといやあ、碧の軌跡の終盤、クロスベルでレクターはなにしてたんだっけかなあ。

ロイドたちやキリカさんと接触したり、オルキスタワー突入に協力してくれたことだけは覚えてるんだけど…。

クロスベルに残ったほんとうの狙いはいまだ判明してなかったような気がする。底が見えんなあ。



image002_20131113191008d61.jpg

image003_201311131910100ae.jpg


聖女サンドロットについての会話。

案外、こういう冗談まじりに話される内容が真実に近かったりするので覚えておこう。


VS執事クラウス



image006_20131113191005b76.jpg


クロスベル支部にはヴェンツェルって遊撃士がいたっけ。レグラムでは遊撃士トヴァルから実習課題を受け取ることに。


で、遊撃士協会についていくつか。ユーシスによると、バリアハートの支部はアルバレア公爵家からの圧力でツブされたんだとか。

ついでにミリアムによれば、オズボーンも直接出向いて遊撃士協会をツブしにいったようだ。

結社にしても革新派にしても貴族派にしても、遊撃士の存在はジャマである、と。帝国編で遊撃士たちが活躍することはないのかなあ。



image008_20131113191237f4a.jpg


絶対強いと思っていたラウラの執事、やっぱり強キャラ設定だった。

BGMに「Overdosing heavenly bliss」が流れたら爆笑だったんだけどさすがにそれはなかった

しかしゲームもここまで進むと、コチラもかなり便利なクラフトやアーツがそろってきているので楽勝も楽勝。ノーダメージでやっつけてしまった。


VSアルゼイド子爵



image009_201311131912407de.jpg


ラウラの父親にして今作の最強オヤジ、アルゼイド子爵が登場。この人もカシウスやアリオスの例にもれず、どうやら娘LOVEっぽい…w



image013_20131113191239b46.jpg


ド派手なクラフトをスカりまくる光の剣匠。実にシュール…w



image011_20131113191242676.jpg

image012_2013111319124340c.jpg


Sクラは物理完全ガードがあろうと問答無用で死亡確定!!アリアンロードもびっくりの超性能だ!!

あれっ?このままだと光の剣匠ソロで倒しちゃうよ?という流れでまさかの展開だった。



image017_201311131916051e2.jpg


セリーヌがリィンに対してこのひとこと。

何に対して間に合わせようとしてるのか?っていう疑問が出てくるけど、これまでのセリーヌの動きをみるに旧校舎に関係があることっぽい気はするね。

で、自分たちのことを「見守り導くだけの存在」と言ったり、ローエングリン城を「アタシたちの管轄外」…とかいってるので、どうも旧校舎とリィンに近づくために入学してきたっぽい気がしてきたねえ。

カイエン公登場



image014_2013111319160658c.jpg


ラウラにもやんちゃな時代があったらしいw



image015_20131113191608efb.jpg


四大名門の筆頭、カイエン公が登場。なんちゅうわかりやすい見た目w

ところで。(自分で勝手に作った)《C》候補リスト筆頭だったカイエン公爵家の人間が登場したわけだが…すくなくともこのオッサンはないな、と思った…w

メタ的なことをいえば、まずCVないし!さらにいうとなによりあの仮面の下からこのオッサンが出てきても全然おもしろくないし!


アルバレア公と折り合いが悪いのなんだのといっていたのは、貴族派の主導権をどちらが握るのかをもめていることのようだ。

ルーファスが迎えに来ていたりして、いまいち貴族派の大貴族たちの立ち位置がどうなっているのかようわからんが、一応結束はしてるらしい。

ただ、この辺のビミョーな関係はのちのち危ういことになりそうな予感が…w



image016_2013111319160922f.jpg


この人が家出した理由がなんとなくわかってきた…w


VSノスフェラトゥ


迷子の子供たちを探して異変の起きたローエングリン城へ。

内部は上位属性が働いていたり、旧校舎にあった扉に似た壁があったりと、あやしさ満点だった。



image019_20131113191748b97.jpg


ボスのノスフェラトゥは、強制的に後衛を引き寄せるソウルピニオンがうっとうしかった。

これにあわせて眠り効果つきの範囲攻撃を織り交ぜてくるので、ちょいとめんどうだった。

とはいえリィンとラウラには全然攻撃あたらないし、前に引きずり出されるエマをコーヒーで起こしながらチクチク削ってなんなく撃破。


鋼の聖女



image020_201311131917503d5.jpg


オーブを砕いて中のパワーを取り込んだように見えたアリアンロード…らしき人影。

ちなみに、静止画でよくみるとたしかにオーブを割ったランスはあの人のものとそっくり。


このタイミングで居合わせたってことは、何かしら計画に関係のある用事があったと考えるのが自然だなあ。

というか、碧の軌跡では3章で登場するアリアンロードだけど、通商会議の前は帝国にいたんだね。



image021_201311131917519f7.jpg


「あの女」ってなんぞや…というのは置いといて、セリーヌは結社について(少なくとも)ある程度の知識はあるっぽいな。

くわえて「時間が無くなってきた」と、先日に引き続き、なにかの期限がせまってきているらしいことを匂わせる。うーむナゾだ。



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ドラクエ10プレイ中!

ひのぼう(LW240-113)
グレン雪原10690-2

広場はこちら

Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
/address class=!--/not_permanent_area--